2015年07月29日

紀文うなぎや



身も皮もふっくらやわらか

背開きのうなぎに蒸しを強く入れ、脂分をほどよく抜き、こってり煮切ったたれをからませ、じっくり焼き上げました。紀文独自の加工方法により、温めた後時間がたっても、箸で皮が簡単に切れるやわらかさを保ちます。

うなぎや36年

紀文の「うなぎや」は、「ふっくら焼き立て、本格的なうなぎ蒲焼をご家庭でも楽しんでいただきたい」という思いひとすじに36年作り続けています。焼き立てのおいしさをとじ込める真空パック製法。温めるだけで焼き立ての香りたつおいしいうなぎをご家庭でお楽しみいただけます。

驚くほどふっくら柔らか「うなぎや」のこだわり

うなぎは背開きで割き、蒸して脂分をほどよく抜きます。発売以来変わらぬ味の決め手は、紀文特製たれ。まず醤油とみりんをベースにした基本たれでじっくりと3回焼き上げます。次に、醤油風味を活かし、砂糖と本みりんで濃厚な味に仕あげたたれを使い、味に深みを加えて仕あげ焼をします。じっくり4度焼きをすることで、うなぎの風味を引き立てつつふっくらと仕上げています。





posted by まーこ at 05:01| Comment(0) | 商品紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: